第三銀行

SSLについて詳しく教えてください。 SSLはサイトを暗号化して第三者か...第三銀行

銀行口座、通帳について。

銀行口座、通帳について。
三重県で新しい銀行口座を作ろうと思っています。
どの口座が一番いいのでしょうか?あと、新しく口座を作る場合いくらか必要ですか?

三重で生活するなら百五銀行か、第三銀行が良いと思います。
都市銀行もありますが支店の数が少ないです。
最近はコンビニなどでもATMの利用ができるので不便は感じないかもしれませんが、県内のスーパーや百貨店には必ず両者のATMは置かれています。
また、新しく口座を作るのに費用はかかりません。
印鑑と免許証などの身分証明できるものを持って、窓口へ行けば手続きをしてくれます。

どの辺にお住まいか分かりませんが、どこへ行っても無難なのは百五で、四日市・鈴鹿に住まわれるのであれば三重銀行をオススメします。(三重銀行は他行とは少し雰囲気が違います。)
第三銀行はオススメしません。松阪以南に住まわれるのであれば、ありかとは思いますが、公的資金も投入されてますし・・ね。
口座を作るのであれば、そこに入れるお金(1000円でOK)を持っていけば大丈夫です!>津が本店の百五銀行、四日市が本店の三重銀行、松阪が本店の第三銀行が都市銀行とイオン銀行とで預金引き出し無料提携を結んでいるので、使いやすい場所でよろしいですよ!
百五銀行
三菱東京UFJ銀行、イオン銀行、中京銀行が引き出し無料提携、名古屋銀行、愛知銀行からは手数料無料で入金も出来ます。(セブン銀行、イーネット対応)
第三銀行
みずほ銀行、イオン銀行、三重銀行、中京銀行が引き出し無料提携です。(セブン銀行対応)
三重銀行
三井住友銀行、イオン銀行、第三銀行、大垣共立銀行が引き出し無料提携、ゆうちょ銀行からは手数料無料で入金が出来ます。(サークルKサンクスのゼロバンク対応、セブン銀行は全く使えない。)
ATMタイプでは第三銀行は硬貨引き出しが、百五銀行は硬貨入金が出来ます。(三重銀行はどちらも1千円単位)
あとは資料請求して決めて下さい。>

無知な為ご教授下さい。

無知な為ご教授下さい。
とあるオークションで私が出品者で、とある理由で落札者の方に銀行振込で返金する事になったのですが、相手の方に「以前私(落札者の方)が振り込んだ口座(出品者の当方)でかまいません」と言われました。
当方相手の口座情報を知らないので相手の口座には振り込めないし、これは組み戻ししてくれということなんでしょうか?

そのようなことは、第三者に聞いても仕方がないでしょう!なんで出品者に聞かないのですか?あなたが以前取引をされた方だと思いますが。
記憶に御座いませんか?

そのまま それじゃ口座情報わかりませんって伝えるしかないのでは。>

大至急お願いします!

大至急お願いします!北洋銀行の通帳を作りたいのですが自分には時間が無いので代理人(第三者)に作ってもらうことは可能なのでしょうか?直接銀行窓口に行けば代理人でも作れますか?何か必要なのであれば教えて下さいお願いします。

本人が確認できるものと、代理人の本人が確認できるもの、両方あれば代理人でも口座開設が可能です何と何が必要なのか、北洋銀行に電話して問い合わせてみたらいいと思いますよ

一昔前は、誰でも簡単に口座を作ることが出来ました。ですが今は違います。 法律上の問題もあり、銀行窓口では口座開設者の本人確認や口座開設の目的確認などが細かく行われます。 本人以外で口座が作れるとしたら、未成年の親権者ぐらいですよ。 あとは、郵送で手続き出来るサービスを行っている銀行なら、それを利用する手もあるでしょうが、取扱いの有無を含めて是非ご自身で確認してみてください。>第三者といっても他人は無理だと思いますよ。
北洋銀行に問い合わせてみたほうが手っ取り早いと思います。>身障者とかいがい無理です・・・・・・・・・>

借金の延滞で銀行を差し押さえされる場合はその業者が前もってその口座にいくら残...

借金の延滞で銀行を差し押さえされる場合はその業者が前もってその口座にいくら残高があるかとか調査してから差し押さえするのですか?残高が5000円や10000円とかでも実行するのですか?この手続きも債権者側はタダではできませんよね?やはりまとまったお金がある時に限り実行するのでしょうか。

債権の回収で第三者債務(銀行口座)の差し押さえですが預金残高を調べる事は出来ません。
裁判所での強制執行ですが日時(差し押さえ日)を指定出来ませんので相手債務者が給与・年金支給日を債権者が事前に知っていても効果的な日を「差し押さえの日」には出来ませんので、債務者の口座には数十円の場合も有ります。
裁判所執行官に打ち合わせしますと、債権差し押さえの日を執行依頼の文書を受理してから一週間~二週間の間の日と言います。
もし、口座に入金が予定されている日を知る立場でしたら、後は執行官の判断(人間性・正義感)に任せるしか無いでしょう。
5000円や10000円でも差し押さえは実行(断行)します。
数十円でもしますね~差し押さえの空振りと言います。
口座差し押さえの費用ですが8000円~10000円(相手が1名で公的機関の書面代)が必要ですね。
画像:口座差し押さえに必要な裁判所への提出書面です。

一般債権者は、残高までは確認できません。
例えば、債務者が給与所得者であれば、給与支給日を狙って差押える等の日程を勘案して裁判所に申請することはよくあることです。>裁判所からの差押通知は、取引の有無に関わらず一方的に送られて来ます。実際に調査はありません。調査があるのは、税金の滞納がある場合です。債権者は債務者の預金を調査する事が出来ません。よって差押も取引があると推測した金融機関に対し、裁判所から差押通知を出します。勿論、勘でやってますので、残高が有り無し関係無しです。まとまったお金が無くてもやります。当方、金融機関勤務で差押通知はよく見ます。取引が無くても差押通知は来ます。また残高100円でも差押はします。>はい、裁判所に照会を出すよう申し立てます
全体がいくらなのかわかりませんが、やる時はやります>

銀行口座引き落としの手数料

銀行口座引き落としの手数料ヨガ教室に通っています。
月8800円を銀行口座から引き落とされています。
退会してもそのヨガ教室の会員でい続けることができ、会員番号をそのまま使用できるそうです。
しかし、一旦退会し、再度受講を申し込む場合は、手数料として3000円を支払わないといけません。
これってとても高額な気がするんですが、妥当なものなのでしょうか。
お店に「決まりですから」って言われれば従うしかないですし、それがいやなら違うところで習えばいいんですけど、何だか納得いきません・・・。

退会後の再受講の手数料の額が高額かどうか、それは人それぞれの価値観によることですから特定の第三者が断言しても仕方なく、あくまで質問者さんの憤りの強さ・持続性で決めていかれるのが良いと思います。
ただし、「退会してもそのヨガ教室の会員でい続けることができ、会員番号をそのまま使用できる」ルールは会員のメリットでも何でもありません。
これは教室側の便宜上の措置であり、そして何より、「退会してもまた気軽に受講できるんだ」という利便に似たイメージをメリットと錯覚させるための作戦で、退会者に備わる権利だと思ってしまうと教室側の思うツボであるわけです・・・

裁判所で決定した金銭貸借で相手が払わないので、預金差押の強制執行した所、

裁判所で決定した金銭貸借で相手が払わないので、預金差押の強制執行した所、銀行から住所不一致で債務者と同一と証明できれば支払う合意があるという陳述書が送られてきました。
ただ住所の不一致だけで、こうなるのが納得いかないのです。
戸籍の附票を取り寄せて住所履歴から証明するにも本籍が分からないと取り寄せれないですし…この場合どのようにするのがいいのでしょうか?過去の質問を見たら取立訴訟という手段もあるようですが、それしかないのでしょうか?詳しい方にお教え頂けると幸いです。
どうぞ宜しくお願い致します。

第三者債務者(金融機関の口座差し押さえ)での、裁判所の書類『債権差押命令の申立てに必要なもの』で、債務者の住民票の提出を求められませんでしたか?私も民事裁判で勝訴をして、相手債務者の銀行口座の差押を複数回に経験していますが、債務者の住民票の提出が必要で裁判所の提出書面(必要書類)に記載されています。
市役所の職員は、「個人情報ですので開示は出来ません」と拒否しますが、裁判所の執行官は取得できると指示されていると言いましょう。
*書面を受領した裁判所の職員は、「二日酔いで寝ていた」のではないですか!!!この場合どのようにするのが良いのでしょうか?、ですが・質問者さんは、「判決文(仮執行宣言付)と執行文」を持参して、市役所へ「住民票の申請・取得」をして下さい。
追記:銀行口座の差し押さえは、債権の回収での「一番の予納金が安い回収方法」です。
質問者さんの債権の金額が不明ですので、回収費用が解りませんが、「自宅動産の執行も考慮」して裁判所執行官との打ち合わせが必要(第三者債務者差押では、住民票が必要な事は基本です)でしょう。
画像:第三者債務者(銀行)への書面

ご回答ありがとうございます。
住民票の提出は求められませんでした。
現住所は間違いないのですが、銀行口座に登録されている住所が古いようで、住所不一致の陳述書が返ってきた次第です。
住民票を取り寄せても現住所と前の住所くらいしか載っていないと思いますので、お手上げなのでしょうか?>別に銀行でなくても、会社が判れば給与に差押できますが・・・会社も現住所も不明確なら、お手上げでしょうね・・・住所が不一致ってことは、既に転居して住民票を移動させてない可能性もありますから・・・そうすると、戸籍の附票からでも現在の住所は判明しないってことになります・・・ちなみに、最終住所地の住民登録地から転居先は調査することは可能だったと思いますが個人では無理でしょうね・・・この場合は、強制執行の案件を弁護士に依頼して住民票を調査してもらうかでしょうね・・・まあ、焦らずに判決の効力のある10年間に回収するしかの将来的展望を考えた方がいいかもね・・・>人の力をかりることはできませんか。
司法書士に相談なさって下さい。
手段があるように思います。
銀行の態度は普通です。個人が特定できなければ
無理です。>

イベントバイトについてです

イベントバイトについてですコンサート等のイベントバイトで、「当日払い」とか「会社受け取り」とかありますが、そのメリットってなんでしょうか?何故に振り込みではないのでしょう。


誰か知恵のある方教えてください

銀行口座に第三者(企業含む)が入金をする際には少なからず手数料がかかります。
給与などで多数の口座に入金するとその手数料がそうとうなコストとなります。
さらに送金先が別の銀行になったりすると、手数料がさらに跳ね上がります。
給与手渡しのシステムは大金をダイレクトに管理しなければならないデメリットこそありますが、振込みにかかるコストはかかりません。
以上が支払い側のメリットです。
受け取る側のメリットは、当日支払いなら即現金が入るので急ぎお金が必要なときに助かるくらいですね。
会社受け取りだと、会社までの交通費がかかったり、受け取れる日が限られていたり、受け取りに行っても順番待ちで時間がかかりまくったり、あまりメリットはないような気がします。

第三セクターの利点は何ですか?土佐電鉄と高知県交通の経営が行き詰まったとき、高...

第三セクターの利点は何ですか?土佐電鉄と高知県交通の経営が行き詰まったとき、高知県と高知市が出資してとさでん交通を設立しました。
株主のほとんど高知県と高知市です。
もはや公営交通だと思いますが、公営交通にしなかったのはなぜですか?東京都は路面電車をやっていますし、バス事業だって多くの自治体がやっていますよね。
名古屋市や大阪市のような大都市が多いですが、同じ四国の徳島市だってバス事業をやっています。
(最近は徳島バスに委託するのが進んでいますが)

完全公営だと、自治体の税金がどんどん投入され、利用者が年1名でも残さなければならないということです。
第三セクターですと、国からの補助金も担保できますし、株式会社ですので銀行からも融資してくれる、最悪つぶせるということも。

銀行からのセールス

銀行からのセールス昨日、某銀行から電話が有りました。
銀行の女性:「◯◯さんいますか?」私: 「えっ、その人は元妻の姉ですが、どういうご用件ですか?」と尋ねる。
銀行の女性「◯◯=私の子供(以前その銀行の口座を持っていましたが、今は解約して3年が経過)さんのお得な定期預金の案内 を送ったので御覧頂いてお勧めしたいのです」と・・・私 「その人は、子供の伯母にあたりますが、親権者でも無く、同居もしていないのに=番地が一番違いで住んでいたことは ある=何故、その人宛に案内をするのですか?」銀行の女性「会社がしたことなのでわかりません」私 「それって、かなり問題があるのでは無いですか?番地も違うのに何故勝手に親権者と決めつけたようにそのような案 内を送るのでしょうか?」銀行の女性「・・・・・・分かりました。
上司に報告致します。
・・・」と、以上のようなやり取りが有りました。
(わかりますか?)そこで質問です。
解約した銀行がお得な定期があるといって、このようなセールスをするものでしょうか?こちらから銀行の電話番号に電話したら、その本人が出て確認しました。
封書も確かに届いていて、開封はしてませんが、割り印もされています。
伯母はその銀行の口座を持っていますが、住所や電話番号は違うのに、私の子供の住所や電話番号にて登録があると女性は言ってます。
(それは勘違いのようですが・・・・)

解約したとは言っても以前に口座を持っていたのならセールスの電話をすることはあります。
なぜ、伯母さんあてに電話があったのかは推測しかできませんが、伯母さんが口座開設時にその住所、電話番号で届出をしていた可能性が高いです。
(最近は本人確認が厳しいので、嘘の住所での届出はできませんが、昔作った口座なら可能でした。
)理由は判りませんが、同居している家族に知られるのが嫌だったとか。
お子さんの母親だとまで言っていたかは判りませんが、銀行では住所や電話番号が同じで生年月日などからそう思ったのかもしれません。
可能性としては伯母さんは正しく住所を書いたのに、銀行の人が登録を間違えたということも考えられなくはないですが、第三者もチェックするので可能性は極めて低いですし、それだと電話番号まで一緒になっている説明が付きませんね。

簡単に。
定期預金の勧誘はします。
届け出のある住所・電話番号から調べて電話します。
勘違いはありません。その人がその住所・電話番号で銀行に届け出しているのです。>商品内容はわかりませんが、そのようなセールスは行います。届いた郵便物の宛先は機械印字でしょうか?であれば、叔母に当たる方が、あなた様の住所で銀行に届け出ているものと思います。電話もあなた様の自宅にかかってきたのであれば、電話番号の登録も叔母に当たる方が銀行に届け出ているのでしょう。住所が隣で記載されているにも関わらず、あなた様の自宅に届いたのであれば、郵便局の誤配達です。郵便局に苦情を言って下さい。>

SSLについて詳しく教えてください。

SSLについて詳しく教えてください。
SSLはサイトを暗号化して第三者からの漏えいを防ぐものというのはわかっています。
SSLは専用の物であればお金がかかります。
そこで思ったのですが自分でSSLをつくることはできないのかと思いました。
Googleとかで調べると証明書の作成とかは出てきます。
SSLとその証明書について詳しくわかりません。
証明書をつくる=SSLをつくるに値するのでしょうか?

普通、「SSLをつくる」という表現はしません。
それはさておき、SSLを使うためには証明書が必要です。
あなた自身で作ることも技術的には可能ですが、その場合、ほとんどすべてのWebブラウザにはここは危ないのでアクセスしないでください、と表示されます。
証明書というのは、このサーバは○○さんのものであることを××が証明します。
という意味があります。
というのも、例えば、A銀行のサイトと、A銀行のふりをしたニセのサイトがあったとして、ある信頼された機関(極端な例では日本政府)が「このサイトはA銀行のものであることを証明します」と言うのと自称A銀行が「このサイトはA銀行であることを私自身が証明します」と自称しているとして、後者を信頼できますか?住民票や運転免許証は公的機関が発行しているから証明効果があるのであって、自称や別の個人が発行した書類では全く信用に値しません。

-第三銀行

© 2020 バフェットの爪の垢が欲しいのだ